ボタンひとつで出来る!暗い写真画像をかんたんに明るくする方法

camera01 (5)

夜の室内でカメラ撮影をすると、暗い写真しかとれないという事はありませんか?プロやカメラに精通した方は、撮影前にカメラの設定調整するのでしょうが、私は「オートモード」撮影でカメラに任せっぱなしなので、撮り直すか諦めてしまうかのどちらかでした。

パソコンソフトを使うという方法もあるという話も聞いていましたが、これまではどれも操作が複雑であったり、出来ばえが良くないなど満足のいくものは見つかりませんでした。

今回はかんたん操作で満足のいく結果が得られるソフト「マイクロソフトのフォトギャラリー」をご紹介します。

スポンサーリンク

Photo Galleryとは

マイクロソフトからから提供されているフリー画像編集ソフトウェアです。操作は簡単なのにも関わらず細かいところまで調整することが出来るので気に入ってい使っているソフトウェアです。インストール手順はこちらの記事をご覧ください。

写真を撮ったとき、絵を描いたときに、それに満足できない場合やより良くしたいと思う時に画像編集ソフトは便利なツールです。 しかし...

暗い写真を修正する手順

修正対象の写真はこちらです。

image01

1.編集したい画像のアイコンを右クリックします。

step9

2.表示されたメニューの中の「プログラムから開く」にカーソルを移動させると「Photo Gallery」が表示されます。「Photo Gallery」にカーソルを合わせてクリックします。

step10

3.写真は上の画像のように表示されます。メニューバー内の「編集、整理、または共有」をクリックします。

step13

4.フォトギャラリーの編集画面が開いたら「編集」タブをクリックします。このページで写真の編集作業ができます。

5.「露出」ボタンをクリックすると、写真の色合いや明るさを自動的に調整してくれます。

image02

「露出」自動調整後の写真は上記のようになります。

6.調整完了後は「ファイルを閉じる」ボタンを押すとファイルは自動で保存され作業は完了です。

step14

フォトギャラリーでは手動での調整も可能です。

7.「露出」ボタン横の「▼」をクリックすると9つのパターンから選ぶことができます。

image03

最も明るく調整してみました。暗かった建物もはっきりと写っています。

例2:露出 自動補正前の暗い写真

IMG_2774

例2:露出 自動補正後の写真

IMG_2775

あとがき

ボタンひとつで「かんたんに写真を修正できる」ということに置いて「フォトギャラリー」は自信をもってお勧めできます。

今回紹介した方法で、修正前とくらべて明るい写真を手軽に手に入れることができます。ぜひ一度お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする