筋トレ ビギナーにお勧め!DNS 「プロテイン ホエイ100」を飲んでみた。

IMG_1907

15~20年前はスポーツ用品店のプロテインのメインコーナーはザバス一色だったと記憶しています。つい最近スポーツ用品店に立ち寄る機会があったのですが、そのような状況は一変していました。

ザバスは隅の方に追いやられ、見たことのない赤いパッケージのプロテインがほぼ全てを占めています。今回はスポーツ用品店の王者の席を勝ち取った「DNSプロテインホエイ100」を紹介します。参考までに私が購入したのは「マンゴー味」です。

スポンサーリンク

楽天、ヤフー、アマゾンでのレビュー

各ショップで王者ザバスに勝るとも劣らない数のレビューが載っています。レビューの合計は6426件です。それらをチェックしてみました。

楽天市場:5238件、ヤフーショッピング:669件、アマゾン:519件(2016年2月時点)

驚いたことに、そのほぼ全てが美味しく飲みやすいというもので、悪い評価がほとんどありません。一部の「悪い」という評価は「値段が高い」「値上がりした」「泡立つ(特定の味において)」というものでした。

外観(パッケージ、粉末)

パッケージは格好良く、プロテインの粉末は程よくしっとりして扱いやすくなっています。静電気で飛び散ることもなく、文句の付けどころがありません。

IMG_1817

溶けやすさ、泡立ち:★★★★

水を入れいつも通り(3~4回)シェイクしてみて驚かされました。全く泡立ちません。試しに追加で全力で必要以上(5~8回)にシェイクしてみましたが、変わらず下の写真の通りです。

余りにも泡だたないので「変なものが入っているのでは?」と勘ぐってしまうほどです。

IMG_1827

飲みやすさ:★★★★

「美味い」この一言につきます。DNSのこだわりが最も感じられた瞬間でした。私はこれまでプロテインは飲みにくいものであると考えていましたが、その概念は見事に覆されました。

嗜好品としてのジュースなどと並べて飲み比べることができるくらい美味しいという印象です。(あくまでも並べることが出来るだけで、一般のジュースと同等以上の美味しさか否かは保証できません。)

IMG_1834

タンパク質含有量:★★★★

DNSプロテインホエイ100のたんぱく質含有率は70%です。

一食33g摂取した場合、120gの牛豚鳥ステーキを食べる以上のタンパク質をとることができます。鶏卵(ゆで卵)にすると約4個分のタンパク質です。

(豚鳥牛肉100g中タンパク質 約20g含む、卵1個中タンパク質 約6g含む)

栄養成分(タンパク質をのぞく):★☆☆☆

1食あたり(33g)の栄養価
<マンゴー>
エネルギー:132kcal
たんぱく質:24.7g(無水物換算値:25.9g)
脂質:2.1g
炭水化物:3.5g
ナトリウム:85mg(食塩相当量:0.2g)

タンパク質の吸収・合成には、ビタミンB6,Cを主とするビタミンが必要です。

DNSプロテインホエイ100にはタンパク質を活用するために必要なビタミン、ミネラルが含まれていないため、食事かサプリメントで摂取する必要があります。

食事でDNSプロテインホエイ100一食分(タンパク質24.7g)に必要なビタミンB6(1.05mg)を摂取する場合、ニンニクチューブ2本(約40g)又はバナナ2.5本以上食べる必要があります。

ビタミンB6を多く含む食物:①ニンニク、②マグロ、③カツオ、④鶏肉、⑤青魚、⑥牛肉 等

(摂取基準量は「ザバスホエイプロテイン100」「beレジェンド」を参考にしています。タンパク質15g当たりビタミンB6:0.64mg)

タンパク質を消化・吸収・活用するためにはビタミンが必要不可欠です。 しかし、(ザバス・ウィダー・ケンタイを除く)市販されている...
食事から摂ったタンパク質の「分解吸収」「活用」において、ビタミンB6は重要な働きをします。分解吸収に必要なビタミンが不足している場合...

体感できる効果:★★★★

プロテインを摂取しない場合と摂取した場合では、トレーニング翌日以降の筋肉痛(筋組織)の回復において大きく差が出ます。トレーニング後に「プロテインを摂取する」「プロテインを摂取しない」場合では、筋組織が回復するまでに2~3日の差がでました。

DNSプロテインを摂取した場合、翌日に筋肉痛で動けないという事はまずありませんでした。筋繊維を回復させる十分な即効性の効果があるといえます。

肝心の筋肉の肥大に関してはDNSプロテインに切り替えてから筋肉の肥大スピードが速くなった気がしています。(トレーニング開始から2~3か月目に摂取していたのでタイミングの問題かもしれません。)

価格:★☆☆☆

ここでの価格は定価ではなく、ネットショップで買える出来る限り安い価格帯でお話しします。

DNSプロテインホエイ100は1kg当たり4860円(送料込み)で売られています。3kgのお得パックを購入したとしても最安店で12928円、1kg当たり4309円です。

発売からしばらくは打倒ザバスで安売りもされていたのですが、王者の地位を確立してからは値引きをしている店はまず見かけません。

参考までに、王者ザバス「プロテインホエイ100」はネットショップで1kg辺り4千円(送料込み)で収まります。アマゾン定期購入(次回購入までの期間は1~6か月で選択可能)を申し込むと、1kg辺り3586円まで価格を抑えることができます。

王者ザバスの底値よりもDNSの底値が7百円ほど値段が高いため、星を一つとしました。(参考:王者ザバスは星二つです。)

(2016年2月時点)

総合評価:★★★☆

一目で分かるようにグラフにしてみました。

20160220-01

DNSプロテインホエイ100の売りは「美味しく飲める」「高タンパク」である事です。

トレーニング後に「美味しいプロテインが飲める」という楽しみが出来る事で「トレーニングを頑張る」という良いサイクルができて筋トレを習慣化することが出来ます。

欠点は「価格」が高いことです。メーカー推奨通り「トレーニング後」「就寝前」の2回(計66g)プロテインを飲むと、1か月当たり2kgのプロテインを消費することになります。1か月の消費量が2kg、費用が8418円(3kgパック購入)かかることを「高い」と思うか「安い」と思うかは個人の財布事情によるかと思います。

私はとても払うことが出来ず、一回当たりの飲む量をザバス推奨の21g摂取に変更して飲んでいました。その場合1か月の消費量は1.26kgとなり、費用は5303円(3kgパック購入)となります。

最後にDNS(ホエイプロテイン100)は王者ザバス(プロテインホエイ100)に勝てたのかという点については、ビギナー部門では間違いなくDNSが勝っていると感じました。しかし価格の開きは大きく、私個人としては飲み続けることはできないというのが現状です。今後、値下げされることを期待しています。

あとがき

私はこれまで筋トレに2度挑戦しましたが、途中で挫折してやめてしまいました。3度目の正直で2015年10月から筋トレをはじめて3か月半(12月下旬~)からDNSプロテインを飲みはじめました。

今ではなんと筋トレ生活の4か月目が終わろうとしています。「筋トレを習慣づける」という点で、美味しいDNSプロテインは一役も二役もかってくれました。

「飲みやすく」「美味しい」DNSホエイプロテイン100は筋トレをはじめて間もない方へ是非お勧めしたいプロテインです。

プロテインは「まずい」ものだと考えておられる皆さん、一度はDNSプロテインを試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする