ダイエットにはソイプロテイン(大豆タンパク質)がお勧め!ゆっくり吸収される理由とは!?

「ソイプロテインはゆっくりと吸収される」

「ソイプロテインはダイエットにむいている」

ダイエットに興味のある方であれば、ソイプロテインの2つの効果はご存知かと思います。しかしその理由をはっきりと知っている方は少ないのではないでしょうか。

今回は、ソイプロテインの秘密に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

ソイプロテインとは?

ソイプロテインとは、大豆からできたプロテインです。

大豆にはタンパク質、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸などの栄養素が含まれます。

タンパク質を豊富に含んでいることから畑の肉と呼ばれています。

国産(乾燥)大豆100g当たりの成分

エネルギー : 422kcal
水分 : 12.4g
たんぱく質 : 33.8g
脂質 : 19.7g
炭水化物 : 29.5g
灰分 : 4.7

<日本食品標準成分表2015年より>

その他にも女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボン、総コレステロールを下げる大豆レシチン、同じくコレステロール及び血中脂質を下げる大豆サポニン、ビフィズス菌を増やすオリゴ糖が含まれており、多様な効果が期待できる食品です。

植物としての大豆が実をつける理由とは?

植物としての大豆が実をつける理由は「種の保存と繁栄」のためです。

植物には基本的に移動する能力がありません。より広範囲に種子を運ぶために風や動物を利用します。

大豆は子孫を広範囲で増やすために、動物に運ばせるという方法を用います。大豆の種が運ばれる方法は、動物に食べられて糞から出された場所で芽をだすというものです。

大豆が食べられたときに動物の体内で完全に消化されてしまっては「種の繁栄」という目的は果たせません。こういった理由から、大豆には酵素阻害物質というものが含まれています。

酵素阻害物質は、動物が食べ物を分解するために消化器官から出す消化酵素の働きを阻害します。この物質の働きにより、大豆は動物の体内ですべて消化されることなく、幾らかの種は糞からでてくることができるのです。

ソイプロテインがゆっくりと吸収される理由

大豆には酵素阻害物質が含まれることは先の項目で紹介した通りです。

人間のからだでは、消化器官から胃液、膵液、腸液などが分泌されて、タンパク質を消化します。大豆に含まれる酵素阻害物質は、消化液のタンパク質分解酵素の働きを阻害します。

酵素阻害物質の働きを簡単に言い換えると、消化液内のタンパク質分解酵素を「役立たずにかえる、酵素そのものを消す」ということです。

消化酵素を消されてしまった体内では、再び分解酵素をつくりだし胃や小腸で分泌します。分泌された分解酵素はいくらかの大豆を分解しますが、その内に再び酵素阻害物質によって消されます。

「消化酵素をつくる」↔「酵素阻害物質により消化酵素が消される」ことを繰り返すため消化に時間がかかるのです。

これがソイプロテイン(大豆タンパク質)がゆっくりと吸収されるという理由です。

ダイエットにむいている理由

大豆を分解する酵素もアミノ酸(タンパク質)からできています。アミノ酸を合成して酵素をつくるためはエネルギーが必要です。

胃の内壁は胃酸(消化液)から壁を守るために粘膜で覆われています。粘液の分泌や胃壁の損傷補修にもエネルギーを要します。

長い時間、消化酵素をつくり続けながら消化・吸収という作業を行うと、大量のエネルギーを消費します。

これが大豆はダイエットに向いていると言われる理由です。

子どもと妊婦には飲ませてはいけない

多くのよい効果をもつソイプロテイン(大豆たんぱく)ですが、子どもと妊婦には摂らせてはいけません。

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が類似しているため、人のカラダに入ると女性ホルモンと同じ作用をすることが分かっています。

ホルモンの影響を受けにくい成人であれば問題はないのですが、ホルモンの影響を大きく受ける子どもと妊婦が過剰に摂取した場合は悪影響がでるかもしれないのです。

○ 医師の指示のもと乳糖不耐症などの乳幼児には、国内外において乳幼児用大豆調整乳が摂られてきた。長い調査研究において多くの有害性に関する報告がされている。

○ 動物実験によりイソフラボンを経口摂取、皮下投与により過剰に摂らせた場合には、動物の子どもと妊婦(胎児も含む)において生殖機能の異常、その他の明らかな有害作用がでることが確認されている。

内閣府食品安全委員会「大豆イソフラボンを含む特定保険用食品の安全性評価の基本的な考え方」より

ヒト試験・観察研究も行われていますが、個人差が大きくデータ数が少ないことから国内外において大豆イソフラボンが異常の原因であると結論づけられるまでには至っていません。

しかしながら子どもと妊婦においては「水や牛乳の代わりに大豆調整乳を飲む」というような過剰摂取は避けた方が無難でしょう。

健康な成人であれば体のホルモン調整機能が働くため、異常がでることはまずありません。

※故意に大豆イソフラボンを過剰摂取した場合は異常がでる可能性はあるようです。

男性の場合は、大豆イソフラボンカプセルを合計84日間(398mg/日:28日間、796mg/日:56日間)摂取させた試験において女性化乳房の発現が報告されている。

「大豆イソフラボンを含む特定保険用食品の安全性評価の基本的な考え方」P33より

・食品換算例:398mg ≒ 豆乳1.6L分、796mg ≒ 豆乳3.2L分

著者自身の場合は、1回20gのソイプロテインを1日3回飲むという事を30日間、1日2回飲む事を30日間続けましたが、体調の変化や異常は見られませんでした。

<食品におけるイソフラボン含有量>

豆乳1パック(200ml)に約50mg、納豆1パック(50g)に約35mg、味噌汁1杯(20g)に約6mg、豆腐1丁(300g)に約60mg

毎日欠かさず長期的に摂取する場合の平均値としての上限値は、1日の摂取目安量は70~75mgがよいと結論付けられています。この値を超えたからといって直ちに健康被害にあうというわけではありません。

日本以外にはフランス、イタリアが1日の推奨摂取量を勧告しています。アメリカ、イギリスは因果関係が結論付けられないことから勧告はしていません。

あとがき

いかがでしたでしょうか、日頃の疑問が少しは晴れましたか?

ソイプロテインのゆっくりと吸収されるという特徴を上手く利用することができれば、ダイエットという目的を達成することができるでしょう。

参考までに大豆に含まれる「酵素阻害物質」「大豆イソフラボン」といった物質は、発酵することにより含有量が減少することが分かっています。

乾燥大豆を食べると胃がもたれて苦しい、体が疲れるという方は、納豆や味噌などの発酵食品から試すと良いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA