超がつくほどロングセラー!瞬発系「タイプ1 ストレングス」はザバスの本気プロテインだ!!

1995年、運動生理学の考え方をもとにアスリート向けに「爆発・瞬発系」「パワー持久系」「持久系」3タイプのプロテインがザバス(明治)から発売されました。

「タイプ1 ストレングス」は爆発的にフルパワーを必要とする爆発・瞬発系のアスリートへ、「タイプ2 スピード」はパワー系アスリートへ、「タイプ3 エンデュランス」は持久系アスリートへ向けてつくられたプロテインです。

20年近く前になりますが、著者自身が(高校時代に)初めて買ったプロテインがこの「タイプ1 ストレングス」でした。

当時は水泳部に所属していたのですが、3種類のうち瞬発系か持久力系にするかで悩みました。内容成分について図書館で徹底的に調べたり、スポーツ用品店で更に2~3時間悩んだりしたことはいい思い出です。

今回は発売から22年経った今でも外観・成分をほとんど変えず、アスリートのために妥協せずにつくられ続けている「ザバス タイプ1 ストレングス」を紹介します。

スポンサーリンク

特徴

ザバス タイプ1 ストレングスは、吸収性にすぐれたホエイプロテイン100%のプロテインです。

吸収速度の速いパワーペプチドを強化しており、11種類のビタミンと4種のミネラルが含まれています。

瞬発系の運動や競技をする人、専門性の高い競技をする人に向けたプロテインで、1日2回(約42g)を目安に摂取すると1日に必要な栄養を補えるよう設計されています。

1食(21g)あたりパワーペプチドを50mg含んでいます。

タンパク質含有量:★★★★

ザバス タイプ1 ストレングスのたんぱく質含有率は74.2%です。

一食21g当たりのタンパク質は15.6gとなり、75gの牛豚鳥ステーキを食べるのと同等のタンパク質をとることができます。ゆで卵だと2.5個分のタンパク質です。

(豚鳥牛肉100g中タンパク質 約20g含む、卵1個中タンパク質 約6g含む)

栄養成分(タンパク質をのぞく):★★★★+★α

栄養成分表示(1食分21g当り)

エネルギー:83kcal
たんぱく質:15.6g
脂質:1.4g
炭水化物:1.9g
ナトリウム:53~110mg
カルシウム:192mg
鉄:4.8mg
マグネシウム : 96mg
亜鉛:1.8mg
ビタミンA : 157μg
ビタミンD : 2.2μg
ビタミンE : 1.5mg
ビタミンB1:0.87mg
ビタミンB2:0.93mg
ナイアシン:6.7mg
ビタミンB6:0.64mg
葉酸:87~270μg
ビタミンB12:0.6~2.9μg
パントテン酸:0.62mg
ビタミンC : 88mg

トレーニングで消耗しやすく、カラダづくりに欠かせない亜鉛と11種のビタミン、汗で失われがちなカルシウム・鉄・マグネシウムを含んでいます。

ザバス タイプ1 ストレングス説明文より

この商品の売りは「高タンパクである(74.2%)」「パワーペプチドを強化している(吸収がさらに速い)」だけではありません。

タンパク質だけ摂取しても消化吸収に必要なビタミンが不足していては十分にカラダに取り込むことはできません。吸収したタンパク質も筋肉に作りかえるためには、ビタミンとミネラルが欠かせません。

最大の特徴は「体づくりに必要なビタミン、ミネラルをすべて含んでいる」こと、さらに運動で消費されるビタミン・ミネラルを強化(増量)してあることです。

現在販売されているプロテインの中では、随一のビタミン・ミネラルの含有種類を誇り、含有量は栄養剤に肉薄します。(同社の製品を除く)

外観(パッケージ、粉末)

プロテイン販売各社で使用されているパッケージには「厚め」と「薄め」の2タイプがあります。説明するまでもありませんが、「厚め」の方がコストがかかり「薄め」ではコストを削減できます。

ビタミン・ミネラルの中には、光(電灯も含む)によって破壊(消失)されるものが多数あります。プロテインを消費するまでに数カ月を要する人の場合、(アルミ)パッケージが薄いと出し入れする間に傷みが生じ、内部に光が届いてビタミンが破壊(消失)されてしまいます。厚めパッケージであれば、光が届きビタミンが破壊される恐れが格段に下がります。

「ザバス タイプ1 ストレングス」では、品質保持において妥協という文字はありません。言う間でもなく、(22年前から)厚めのパッケージが使用されています。

(20年前と変わらないのですが)粉末は乾燥しており粉が舞いやすく「本当にザバスのプロテインなのか?」という印象です。

スプーンはパッケージの外側に貼り付けられています。

溶けやすさ、泡立ち:★★★★

シェイカーにプロテイン粉末(21g)を入れました。

追加で水をメーカー推奨の300ml入れます。

4~5回シェイクすると粉末は綺麗に溶けました。底に粉末が溶け残ることもありません。

飲みやすさ:★★★★

20年ぶりに飲んだ「タイプ1 ストレングス」は、バニラビーンズの香りやほんのり口に広がる甘味など昔飲んだプロテインそのものでした。

ただしメーカー推奨の比率で飲んだ場合、味が非常に薄くなります。

以前もそうだったのですが、シェイカーの側面につぶつぶ(溶け残り)が残ります。

綺麗に溶けやすくするためには、プロテインに様々な加工をする必要があります。

ここで思い出されるのが「FIGHT CLUB 風神プロテイン」の説明文で見た、「余計な加工はプロテイン(タンパク質)本来の品質を低下させる」という文面です。

消費者は「美味しく、飲みやすく、安い」ものを求めがちですが、本当に良いものを得るためには不必要なもののようです。

価格:★☆☆☆

品質でも一切妥協しない「ザバス タイプ1 ストレングス」は価格も妥協しません。

どこの店でもほとんど定価に近い価格で売られています。ネットショップで1kg袋が5千円強(送料込み)、2.5kg袋が1万円強(送料込み)で売られています。

2.5kg袋(10,541円)を購入した場合、1kg当たり4,216円となります。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのショッピングモールでも価格に差はありません。

妥協を一切許さないプロテインであるため高価であることはしょうがないのですが、他のプロテインと比較した場合は星1つとなります。

(参考:ザバス プロテインホエイ100 Amazon定期購入で1kg当たり3,586円)

ホエイ100との違い

ザバス ホエイ100との違いは、下記の「7つのビタミン・ミネラルが含まれている」ことと「パワーペプチドを強化している(吸収がさらに速い)」ことです。1食(21g)あたりパワーペプチドを50mg含んでいます。

<ミネラル>
カルシウム:192mg
鉄:4.8mg
マグネシウム : 96mg
亜鉛:1.8mg

<ビタミン>
ビタミンA : 157μg
ビタミンD : 2.2μg
ビタミンE : 1.5mg

鉄は、血液中のヘモグロビンと呼ばれる酸素を運搬する働きをもつ細胞の成分として利用されます。

ビタミンEは、細胞膜を正常に保つために利用されます。細胞膜は細胞を健康に保ち、体内で起こる回復や代謝を正常に働かせるという役目をもっています。

その他の5つのビタミン・ミネラルは、タンパク質の合成や運動(筋肉の収縮)に使用されます。

あとがき

これまでプロテインを飲む際には必ずビタミン剤(ビタミン12種+ミネラル9種)を飲んでいたのですが、ザバス「タイプ1 ストレングス」を飲用している最中は一切手をつけませんでした。

それにも関わらず、今までと同様の筋肉回復効果を得られたことに満足しています。

今回「タイプ1 ストレングス」を飲んで感じたことは、ザバスがアスリートのために作った「こだわりプロテイン」であるということでした。

長いあいだ成分も変えず、原材料が価格変動した時にも、アスリートが手に入れやすいように内容量の変更するのみで、同一価格で作られ続けてきたのは、ザバスの優しさでしょうか。

ザバス「タイプ1 ストレングス」「タイプ2 スピード」「タイプ3 エデュランス」で迷った方は、まずは飲みやすい「タイプ1」を試すことをお勧めします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA